スリップフォーム工法

スリップフォーム工法(コンクリート舗装)

スリップフォーム工法は、コンクリート敷きならし、締固めおよび平坦性仕上げ等の機能を1台に備えた専用機を用い、型枠を設置しないで同一断面の連続したコンクリート舗装、構造物を構築する工法です。
従来のセットフォーム式の施工法に比べ施工能力が大きく、工期の短縮、施工の省力化を図ることができます。
このため、高速道路、空港のエプロン舗装工事等の大規模工事に最適な工法です。

国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS)に登録

スリップフォーム工法は、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されています。

技術名称 : スリップフォーム方式によるコンクリート舗装

平たん仕上げの状況

敷きならしの状況

ページトップへ戻る