建設用語小辞典

TFOT

これらのキーワードがハイライトされています:回転薄膜加熱試験

意味

薄膜加熱試験:アスファルトの劣化のしやすさを調べるための試験で、小さな皿にアスファルトを入れて水平に回転させながら、5時間、163℃に加熱して、試験後の針入度などを調べます。この結果が残留針入度 residual penetrationで、もとの試料の針入度に対する百分率で表します。残留針入度は再生の目的で回収したアスファルトについても用いられます。回転薄膜加熱試験というのもあります。

英語

ページトップへ戻る