建設用語小辞典

長押(なげし)

これらのキーワードがハイライトされています:内法長押

意味

よくあるのは鴨居の横にちょっときれいな木目の板を飾りにつけた内法長押で、釘を打たなくてもすむように上端が溝になっていて、いろんなものを引っかけられるという実用的な面もあります。ほかに天井と壁が接するところに廻縁あるいは回り縁という板がありますが、そのすぐ下につけるのを天井長押、廻縁と内法長押の間につけるのを蟻壁長押というそうです。

英語

ページトップへ戻る