建設用語小辞典

表面仕上げ(ひょうめんしあげ)

これらのキーワードがハイライトされています:粗面仕上げ

意味

コンクリート舗装の仕上げは、機械あるいはテンプレートタンパーによる、または手仕上げによる荒仕上げ、機械あるいはフロートで平たんにする平たん仕上げ、最後に表面がすべりにくいように、表面を道路横断方向にかき起こすようにして仕上げる粗面仕上げが行われます。これは、コンクリートの表面の水がほぼ、光らない程度になったときに、機械仕上げでは、ワイヤブラシ仕上げあるいは。機械の後ろに麻布(バーラップ)を取りつけて、左右に摺るように動かしながら引きずっていく、バーラップ仕上げがあります。手仕上げでは、ほうきやはけを使うほうき仕上げ、あるいはほうき目仕上げがよく行われます。目荒し(めあらし)という言葉がありますが、これは既設のコンクリートについて言います。何にも仕上げをしないのは打ちっ放しコンクリートということになります。小規模な舗装で使う面白い仕上げ方法にヘリコプター仕上げというのがあります。

英語

surface finishing

ページトップへ戻る