建設用語小辞典

腹起し(はらおこし)

これらのキーワードがハイライトされています:土留板

意味

腹起し

山留め(土留め(どどめ))などで、矢板などが土圧や水圧でふくれ出したり、倒れたりしないように、押さえのために取りつける横材のことです。
これを突っ張るように設ける水平材が切梁(きりばり)で、横方向に押さえる梁が胴梁(どうばり)です。これらは骨格ですが、その間に張り渡して直接、土を押しとどめるのが背板で、一般には土止め板、土留板とも呼ばれるものです。

英語

waling

ページトップへ戻る