建設用語小辞典

橋面舗装(きょうめんほそう)

これらのキーワードがハイライトされています:橋床版舗装

意味

橋の床版の上の舗装です。床版が路盤の役目をして強固なので、せいぜい6-8cmと薄いのですが、いくつか気を付けなければならない点があります。床版の舗装は舗装屋さんが施工しているわけではないので、一般には平坦にするためにレベリング層が必要になります。特に鋼床版舗装は変形が大きく、完全に水を通さないという特性があり、鋼床版舗装では、一番下に橋面防水工(防水性の塗料を塗るもの、シートを貼るものがあります。)、水を透しにくく、繰り返しての変形に強いアスファルト混合物(グースアスファルトが代表的ですが、砕石マスチック舗装も最近注目されています。)を用いる必要があります。一般に水が滞っていると鉄にも悪いし、アスファルト舗装というのは意外と水に弱いのです。水がある状態で荷重でもまれると、別に乳化剤などなくてもアスファルトが乳化して無くなり、ばらばらになります。

英語

bridge deck pavement

ページトップへ戻る