建設用語小辞典

木理(もくり)

これらのキーワードがハイライトされています:

意味

木材の表面に現れた年輪の模様。目(もくめ)、一般には木目(もくめ)で、特にきれいなのがらしいです。板目(いため)、柾目(まさ目)などがあります。まさ目は木の中心近くから取った板で年輪が平行になっていて端正な感じです。反りなどもあまり起こらないでしょう。その他の所は年輪の木目がいろいろに走っていて、量としては多いので板の代表として板目になっています。その不規則な模様が美しければ特別の名前がつきます。もっと詳しくは鳥眼 (ちょうがんもく)、鶉 (うずらもく)、玉 (たまもく)、縮 (ちぢみもく)、葡萄 (ぶどうもく)、虎斑 (とらふ)、泡 (あわもく)、縞 (しまもく)、牡丹 (ぼたんもく)などがあり、よそのサイトですが木材図鑑のなかのの種類に写真入りの説明があります。

英語

grain,vein

ページトップへ戻る