建設用語小辞典

断層(だんそう)

これらのキーワードがハイライトされています:つきあげ断層

意味

地殻の変動などで地層が割れた割れ目です。逆断層というのがありますが、割れた一方の地層がもう一方にのし上がったもので、必ずしも裏返しになっているわけではなさそうですが、のし上がるときに裏返しになる部分が出たりはするでしょう。貝殻がうつぶせに埋まっているはずが、逆になっているので逆断層とわかると聞いたことがあります。のしあがる時の角度が45°以上は衝上断層(しょうじょう断層と読むらしいですが、つきあげ断層の方がよくわかります)、それ以下は押し被せ断層と言うそうです。こうしたところは地層が破砕されていて、特に上になった方がひどいということです。

英語

fault

ページトップへ戻る