建設用語小辞典

制動停止視距(せいどうていししきょ)

これらのキーワードがハイライトされています:制動距離

意味

道路の線形の設計に使われる、運転者の目の高さを想定した1.2 mの高さから、路面の上の高さ 10 cmの障害物を見つけてから、完全に停止するまでに走る距離のことです。カーブのために見えないとか、峠などの縦断曲線のために見えなくなるといったことを考慮するわけです。実際は障害物を視認してから、停止するかどうか判断する判断時間と、実際にブレーキをかけ始めるまでの反応時間、の間、だいたい、1秒+1.5秒の間は、最初の速度のまま、反応距離だけ走って、それから実際にブレーキがかかってから停止するまでに制動距離だけ走るわけです。停止距離は一般的な言い方ですが、実質は同じでしょう。

英語

stopping sight distance

ページトップへ戻る