建設用語小辞典

切妻(きりづま)

これらのキーワードがハイライトされています:差しかけ屋根

意味

屋根

きりづま、が正しい書き方ですね。屋根の形の一つです。2枚の板を並べただけのシンプルな形式です。切り落としたような△型の断面の側が妻(側)で、屋根の断面の妻側をけら羽といいます。妻側に直角方向の側は夫側ではなく、桁側(けたがわ)とか平(側)(ひら)といいます。家の入口が妻側にあれば妻入り、平側にあれば平入りということになります。四方から上に向かって寄せるようにしたのは寄棟(よせむね)、あるいは寄棟造り、真四角の建物を寄棟(よせむね)にすると方形造り、あるいは宝形造り(ほうぎょう)、地方によってはこの形だけを寄棟(よせむね)というらしいです。この場合、方形でないのは小棟造ということになるようです。棟というのはてっぺんの水平な部分のことで、寄せ棟で、四方にできる尾根の部分は下り棟です。寄棟(よせむね)の途中から切妻 (きりづま)に切り替えたのは入母屋造りです。切妻よりさらにシンプルなのが片流れ(屋根)です。片流れは天井にもあって片側が上がっているのを片流れ天井といいます。勾配天井(lopsided ceilingともいうようです。切妻の場合は切妻造りとはあまり聞きません。造りというほど手が込んでいないということかも知れません。屋根は角度の変わる合わせ目が水に対して弱点になるので、その点では切妻がいいらしいです。シャープで軽快な感じもあります。寄棟(よせむね)は重厚感があり、実際、構造的にも強いということです。斜め水平方向に梁があるからでしょう。入母屋は神社などはそうですが、格式のある感じです。こうした屋根は建物を形作る主要な大屋根ですが、壁からさしかけるようにして突きだした屋根は小屋根です。切妻の端の角をそぐように部分的に寄せ棟にしたのは袴腰屋根(はかま腰屋根)、あるいは半切妻屋根です。切妻の壁の上の方には屋根裏の通風のためのがらりがよく設けられます。入母屋では切妻のけら羽に破風、あるいは破風板という飾りをつけたりします。片流れで住宅を作ると片方がずいぶん高くなるので、屋根に開口部を設けて部屋をつくるのが普通のようです。流れでいうと寄棟(よせむね)のようなのは四方流れということになります。北海道でよく見られる将棋の駒のようなのは?腰折れ屋根と呼ぶそうです。いや、最近ではマンサード屋根というのが、かっこいい言い方です。と思っていましたが、腰折れが寄せ棟風になったのがマンサードのようです。フランス語:mansardeです。ほんとはマンサールでしょう。マンサルデ:mansardéになると、そこに作った屋根裏部屋(英語だとgarret)です。大きな切妻屋根の上に小さな屋根が乗っているのがありますが、あれは越し屋根で明かり取り、通風の役目をします。寄せ棟に上に切妻が乗っかっているのはしころ(錣)屋根です。やはり通風が目的でしょう。錣葺きともいうようです。兜のしころから来た呼び名のようです。切妻の片方が短くてオイデオイデをしてるようなのは招き屋根で、それに差しかけ屋根が付くと下屋付き招き屋根らしいです。切妻が途中で小さく切り替わるのは棟違い屋根です。屋根がまっ平らなのはコンクリート建築でよくありますが、陸屋根(りくやね、ろくやね)と呼ばれます。バタフライ屋根というのもあるようです。

英語

gable roof

ページトップへ戻る