建設用語小辞典

下見(したみ)

これらのキーワードがハイライトされています:小面

意味

下見板

"木造建物の外壁の横に張る板の張り方で、水が入りにくいように、少しづつ重ねて板の小口小面(端の断面)が下から見えるものを言います。それに使う板が下見板です。そういう板の張り方が下見板張りです。がらりの隙間のないものという感じです。この場合は羽重ね(張り)というらしいです。下見板の張り方にもいくつかあって、南京下見張り(鎧下見、イギリス下見)、押し縁下見、ドイツ下見などがあります。押し縁は南京下見を押さえたものです。ドイツ下見は合抉りみたいな感じですが、隙間を開けて少しだけ下の小口が見えます。小口は普通は小さい方の断面を指します。石材では小面(こづら)という言い方もあるようです。
"

英語

head face,header

ページトップへ戻る