建設用語小辞典

ポリッシング作用

これらのキーワードがハイライトされています:ポリッシング

意味

車両の走行や人の歩行などで舗装面がみがかれる作用のことです。すり減りをかっこよく言ったものです。石灰岩などの軟らかい骨材を用いた舗装では、ポリッシングによりすべりやすくなるおそれがあります。タイヤによる摩耗を想定した試験法があって、円筒の周りに試料を貼り付けてタイヤの下で回転させて、ポータブルテスタで摩擦係数に相当するPSVを求める試験法がイギリスにあります。すり磨きという言葉がありますが、これは、ひび割れたコンクリートで、分かれたコンクリートがお互いにこすれあってすり減ることです。橋の床版のように繰り返し荷重がかかるところでよく起こります。水が入るとさらに急速に進み、ひび割れが上から下まで貫通すると、並列梁構造化と言って、床版が一体でなく分割された梁になってしまい、毛利元就の三本の矢ではありませんが、弱くなります。

英語

polishing action

当社商品

ポリシングペーブ(洗い出し透水性アスファルト舗装)

ページトップへ戻る