建設用語小辞典

テルフォード基礎

これらのキーワードがハイライトされています:テルフォード工法

意味

舗装の基礎となる路盤を作るクラシックな工法の1つです。この工法がテルフォード工法です。路床の上に15-20cmの栗石(ぐりいし)を道路の方向に長手方向に敷き並べて、その上にくさび骨材を置いてかみ合わせて転圧(てんあつ)するものです。何しろ石を並べるという作業がありますから、現代には向いていません。

英語

Telford subbase

ページトップへ戻る