建設用語小辞典

タイン

これらのキーワードがハイライトされています:溝切り工

意味

コンクリート舗装をすべりにくくする目的で、櫛の歯状に並べたピアノ線で、コンクリートがまだ固まりきらないうちに引っ掻いて、浅い溝をつくることがあります。この歯がタイン tineで、スチールタインとも言います。こうして溝を作ることをタイングルービング、あるいはフレッシュグルービングと言います。コンクリートが固まってから、櫛の歯状に並んだ切削機で浅い溝をつけるのが、普通のグルービングです。日本語で言うと溝切り工ということになります。安全溝という呼び方もあるようです。溝の幅は3-6 mm、深さが3-4 mm、間隔は15-25 mm程度です。

英語

tine

ページトップへ戻る